金澤のひと

金澤のひと PERSON

建物のストーリーは、すべてひとが創る。 金澤工務店のひと

「仕事人」としての“誇り”を建物に込める

「仕事人」としての
誇りを建物に込める

建物を完成させるまでには、たくさんのスタッフが関わります。設計・施工・デザイン・建設と様々なフェーズを乗り越えて、建設スタッフの一つひとつの思いが建物の美しさを作り出し、お客様の喜びを得る。そんな竣工のひと時を目指して、仕事に取り組んでいます。

INTERVIEWインタビュー

短納期でも対応できるのは、厳格な「工程管理」があるからこそ。

短納期でも対応できるのは、
厳格な「工程管理」があるからこそ。

現場監督数十年。建設には、最も大事なのは工期。クライアント様の事情をくみ取りながら、最短の納期で仕上げるためには、厳格な工程管理が欠かせません。短納期だからこそ、安全性も重要です。ひとが行う作業なので、集中力を欠かさず、リードタイムを考えながら適正工期を割り出し、クライアント様の期日に向かって作業を行っています。是非工期などご相談ください。我々はクライアント様のビジネスに沿って取り組みいたします。

「建設工事 × 内装デザイン」建物を創る2つの取り組み。

「建設工事 × デザイン設計」
建物を創る2つのアライアンス。

通常建設業は、建物を建てるなど、工事、施工が中心です。金澤工務店では設計会社と連携し、デザイン性の高い施工を得意としております。しっかりした堅固な建物に、その建物を使用する人がその建物を見る。より美しく豊かに思える空間を素材で飾ること。ここまでが金澤工務店の仕事と思っています。建物は建てるだけでなく、人が使い、機能されて、喜んでもらえるまでが建物づくり。我々はその気持ちを大切に仕事を行っています。

建物の竣工を思い描く、「建築設計」の醍醐味。

建物の竣工を思い描く、
「建築設計」の醍醐味。

建築のパースを書いて数十年。 お客様の完成後の喜びの顔を見るのが、建築業界に入ってよかったと思う瞬間です。様々な設計事務所様との連携を行い、CADで書かれた図面の建物、ホテル・商業施設・アミューズメント施設などが様々なバリエーションで仕上がり、デザイン性に富んだ建物がカタチになる。そんな感動を思い描いて仕事に取り組んでいます。またデザインだけでなく、建物のコスト管理も重要なお仕事。設計会社様との連携で、見えるところと見えないところを創り上げるのがうれしく思います。

建物づくりのプロフェッショナルとして、日本一を目指す

建物づくりのプロフェッショナルとして、日本一を目指す

スタッフ一人ひとりが思いを込めるというのは単純な精神論でなく、「お客様に喜んでもらいたい」、そんな気持ちで仕事をすることで、建物のクオリティは格段と上がると思っています。
工事設備やオペレーション、工事技術が高いことはプロとして当たり前。プロフェッショナルとして、建物価値をお客様の思いを込めながら創り上げていくことが重要と思っています。
是非、ご相談ください。事例がない建設でも、品質の高いものに仕上げれるように自負しています。

PAGE TOP